一歩前に足を踏み出し自分の世界にひたれる幸せ

某専門職を35年続けていました。四角い枠にはまるのが嫌いという自分の性格を知っていました。でも流れに逆らえない私は両親の期待の元、頑張ってきました。

 

高学歴な方たちの職場。プライドあり、自分が一番の方たちの世界。しかも四角い社会。35年目に突入したときの転勤。そして決断は上司の方の考え方について行けないと思った年度初め。今まで持ちこたえていたのは上司が素晴らしかったから。

 

で、とうとう、気持ちが切れました。というか一歩前に足を踏み出しました。自分で言うのもおかしな話ですが、何かにつけ結構できるんですよ。数学的な考え。アートに対する技量。音楽の楽器演奏も。そしてPCに対してのダイナミックな扱いも。そんなこんなで35年の仕事にピリオドを打ち、在宅へと進んでいます。

 

おばさんたちって他人を巻き込んでの仕事(お金儲け、たとえばネズミ講の含んだ商売等)をして友人が増えたとか自慢している人もいます。私は、独りで自分でいろいろ考えひとに指図されず今を過ごしています。これって最高な幸せって思えるんです。

 

今は、在宅でまだ、やり始めて少し。少しのアートへの技能を生かし、ジャンルを問わずのハンドメイド作品を作る。SNSで少しずつアップする。某オークションに出す。写真もかなり前から撮っているので売れそうな写真は写真販売サイトにたまに出すこともあります。

 

クラウドソーシングで簡単な作業をするときもあります。たまに音楽を自宅で教えることもあります。こうして素直に今の気持ちを書けるサイトに投稿させてもらう。

 

他にも在宅でできる思いついたことに取り組んでいる最中です。一番大事にしていることは今までしてきたことを使って決して高額な投資をしないこと、地道にこつこつと大きな見返りを求めないこと.などをこころして進んでいます。

 

とりとめなくどう進むか試行錯誤もありますが、これこそ自分の持っている時間を有意義に使える在宅のおもしろさと痛感しています。